FC2ブログ

子どもにいじわるされた時に怒るよりも効果的な対処法



それは、金曜日の昼の出来事でした。

パパ:
「よーし、昼休みだ~😏みんなお昼ご飯を食べてるかな~✴️」

子ども:
「あ❗パパが来た❗(わざとパパに椅子に座らせないようにものをたくさん置く🤪)」

パパ:
「椅子に座れないからものをどけてくれないかな~?」

子ども:
「ここは使ってるから座れませ~ん🤪🤪🤪パパの椅子はありませ~ん🤪🤪🤪」

パパ:
「💥」

在宅ワークで午前中の仕事が終わり、昼ご飯を食べにリビングに行くと、娘にいじわるされました😱


ついつい子ども怒ってしまい、猛省しました🙏💦💦


子どものいじわるやいたずらは科学者の実験と同様に、色々なことを試している素晴らしいことでした。

こちらの記事に書いていますので参照ください。
子どものイタズラが何度言っても直らない❗ 笑顔でつきあえる方法

いじわるやいたずらから色々なことを学んでいるんですね❗



なんとかいじわるされても子どもを怒らないいい方法はないものでしょうか?






私は見つけてしまったのです。




子どもにいじわるされた時に怒るよりも効果的な対処法を。






それは、パパやママが悲しむことでした。



椅子に座らせてもらえなくて、悲しむ😢😢😢

とても悲しみました😢




すると午後の仕事を終え、子どもたちに会った時のことです。



子どもたちがパパに非常に優しいではありませんか❗



サラダにドレッシングをかけようか?


ご飯を食べさせてあげようか?


パパとお風呂に入りたい❤️




子どもたちがパパにとても優しいのです😆




いじわるをした時のパパの悲しい表情を見たくなかったんだと思います。


また、以下のようなことも述べられています。


【このように情を通じて子どもに訴えることによって、子どもはお母さん・お父さんが困るようなことはしないようにしようと思うようになっていきます。そして、年齢が高くなるにつれて、この「いたずら」で相手が困るのではないかと判断したときに、それを我慢するようになります。これを自己統制の能力と呼んでいます。この能力は、怒られるからしないという他人の力による統制とは全く違います。怒られるからしないーーというのでは、叱る人がいない場所や、相手が叱らない人だとわかったときには、判断力が働かず何をしでかすかわからない子どもをつくり上げてしまいます。 平井信義 子どもを叱る前に読む本より引用】
子どもを叱る前に読む本



子どもがいじわるをしてきた時は、怒るよりも悲しむことを考えてみてもいいかもしれません。






Youtubeも始めました。

お子様と一緒に楽しく見ていただける内容を届けていきたいと思っていますので、こちらもお楽しみください❗チャンネル登録いただけると励みになります。

鉢さんファミリーチャンネル

また、早く仕事を終わらせて子育てをするためのビジネススキルのチャンネルはこちら
鉢さんサラリーマンチャンネル


最後まで読んでいただきありがとうございました。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

↑面白かった方はクリックお願いします🙇ランキングが上がって励みになります。

以下にメールアドレスを入力して送信いただくと、ブログを更新した際にメールでお知らせします。また登録いただいた方のみに子育てのお得な情報をお届けします。





*メールアドレス











関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
育児
135位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
14位
サブジャンルランキングを見る>>

訪問いただいた方