FC2ブログ

親が子どもの〇〇を考えられる唯一の存在



今日も最新の子育て情報をお届けします。

〜親が子どもの〇〇を考えられる唯一の存在〜

結論、長期的な視点です。


塾に行けば受験に受かる方法を教えてもらえます。


病院に行けば病気が治る薬をもらえます。




しかし、基本的にはどれも短期的によいことを教えてもらえることになります。



例えば、塾に行って受験に受かる方法を教えてもらって、偏差値の高い学校に入るという短期的なことは教えてもらえます。



しかし、その学校に入ることが目的となり、入った後に身が入らないのでは元も子もありません。



短期的な視点だけでなく、長期的な視点で子どものことを考えるのは親だけと言っても過言ではありません。


子どもの将来のことを考え、子どものサポートを行い、短期だけでなく長期で考えるとやろうとしていることはどうなのか?

何がやりたいか?

どういう学校に入るのが良いか?


そういった問いかけをしてやっていくことが重要です。



ぜひお試しください。


ホームページ



最後まで読んでいただきありがとうございました。





子育てパパランキング

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村



↑面白かった方はクリックお願いします🙇ランキングが上がって励みになります。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
育児
19位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
サブジャンルランキングを見る>>

訪問いただいた方